デートに何度誘っても断られ、OKする素振りさえも見せない彼女の態度。
さて、押して良いものか、引いたほうがよいのか?
悩んでしまうタイミングってありませんか?


え?
今がまさにそのタイミングですって!!


では、今日の内容を参考にできるかもしれません ^^


ココからの内容は、
18~35歳までの女性が「脈なしの男性」にする行動パターンについて
アンケート調査した結果をまとめました。



もしも、心当たりがあるようでしたら今デートに誘ってる女性はあきらめて
他の女性にアタックしたほうが早いかもしれませんね!


 ・全く返信がない
 ・あなたを親や兄弟に例える
 ・恋愛トークや恋バナ系の話には乗らず、話題を変えようとする
 ・仕事が忙しい、スケジュールが空かない
 ・体調が良くない

さらに、他の日程にしてほしいという希望がない場合は、
あきらめたほうが賢明でしょう!


・全く返信がない

LINEメールで例えるなら、未読や既読スルーにあたります。
露骨な行動で「解ってよ!」という女性が取る
脈ナシ男性への典型的な行動パターンです。

女性と数回メールしている関係でしたら、
彼女の考えそうなことや態度なども少しは解るはず。
このように返信がない場合は諦めた方が良いでしょう。


・あなたを「親兄弟」に例える

デートのお誘いメールをしているのに、それの返信が
「お兄ちゃんみたいだよ!」「お父さんとメールしてるみたい」などの
返信が来てしまう。


その後、何日も進展がない場合、あなたを「男性とみていません!という
遠回しの回答だと思ってください。
恋愛トークや恋バナ系の話には乗らず、話題を変えようとする

デートに…と言い出した途端に話題を切り替えられてしまう、
誘っても返事がないなどそっけない態度でしたら、これも脈ナシですね。


・仕事が忙しい、スケジュールが空かない

デートに誘っても「今は仕事が…」や「スケジュールがパンパンで忙しい」との返信。
これに付け加えて、他の日程なら大丈夫!!といった彼女からの指定がない場合は
脈ナシです。


あなたから、「他の日で、いつなら大丈夫そう?」と、
しつこく何度も聞いてしまうと連絡が取れないといった
事態になる事もあります。


  この手の女性を深追いすると、
時間と共にあなたも精神的にも病んでしまう可能性があります。


彼女の行動にこのような思い当たる節があるようなら、
早めに見切りをつけましょう。


押したり、引いたりのタイミングって難しいですよね。
デートに誘っているけど、なかなかOKの返事がもらえない...


そんなあなたには 女性に好かれるメール術 が、おすすめです。


女性をデートに誘わずにデートすることができますよ!!


ここまで読んでくれたお礼に、
見切りをつけずに、耐えるタイミングもご紹介しておきます。


・私のほかに一人、友達を連れて行ってもいいですか?

この返信が来たら、まずは彼女の提案を受け入れましょう。
要するに、あなたはOKの返事をする事を前提に、
彼女とメールのやり取りを続けましょう。

理由はいくつかあります。

 ・二人きりで会には、まだ早いという彼女が考えている
 ・彼女はあなたを友達として見ている
 ・二人きりで会うのが不安、抵抗がある

などです。


・二人きりで会には、まだ早いという彼女が考えている


あなたに下心がないか様子をみたいといった、彼女の判断です。
あなたが試されてる時期に相当するでしょう。


 ・彼女はあなたを友達として見ている

今までのメールのやり取りで、
あなたの事を異性としてではなく友達として見られた...
まずはお友達から始めましょうという間柄ですね。

言い換えれば、チャンスです。
友達からの進展も大いに考えられますので、
女性を上手にエスコートして、友達以上の関係になりましょう。


・二人きりで会うのが不安、抵抗がある

女性に恋愛経験が無い、または少ないから
どうしていいのかわからない...そんな状況も想定できます。


女性が、私のほかに一人、友達を連れて行ってもいいですか?
と、言ってきているのに対して、あなたはどうしても二人きりで会いたい
と、押し切ることは避けたほうがいいでよ!

私の事を考えてくれていない
私を大切にしてくれない
もしかして、彼には下心がある?

というように、あなたへの不信感につながってしまうのです。
この場合は、女性の提案を受け入れて、次につながる
努力をしましょう!!


デートに誘っても断られ…彼女を諦めるタイミングとは?
いかがでしょうか?


今回の記事が少しでも、お役に立てれば幸いです ^^


女性をデートに誘わずにデートすることができる 女性に好かれるメール術 もおすすめです!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加